top of page
  • rtanaka-tky

発熱、風邪症状の方へ(ここをクリック)

(6月29日更新) 現在新型コロナウイルス感染症が徐々に増えております。現在のオミクロン株では重症化は稀です。ただしインフルエンザ同様、感染力が強く、集団感染が問題になりますので、検査は有用かと思われます。他のウイルス感染症(風邪)であっても他人に感染させますので、対応はほぼ変わりません(5日程度の自宅療養)。 また細菌感染の場合は、抗生剤が有効なこともありますが、抗生剤なしでもほとんどが自然治癒しますので、重症でない限り、風邪症状の方は医療機関に受診する意味はないと考えます。(市販の風邪薬で十分)。ただし高齢者や基礎疾患のある方の発熱では肺炎などがあり得ますので、受診は必要です。  

  職場からの要請があり、検査や、診断書が必要というケースがあり、一応アリバイ作りとして検査しますが、医療費の無駄遣いと感じます。  

  当院は慢性呼吸器疾患をはじめとする慢性疾患の方が多く、その合間に発熱の方に対応している状況です。発熱の方は原則電話(9時以降診療時間内)での予約で大体の時間を決めて来てもらっています。(この予約は目安であり、通常診療が混んでいれば、1時間程度は待つこともあります。待たされてクレームを言う方が時々いますが、通常診療を優先していることをご理解ください。) 予約なしに直接来院される発熱の方は相当時間待つことをご了解ください。  


  5月ころから熱は出ないが頑固な咳が続く方が増えています。咳の原因は多様で、中には肺がんの方もいますが、ほとんどが感染症とアレルギーです。今はやっている感染症の一部は抗生剤も効かず、1か月も咳が続くケースが多いです。処方した咳止めも効果は限定的のようです。当院では肺炎など治療介入が必要な疾患を見落とさないようにすることを主に対応します。百日咳などの感染症では一定期間咳を許容せざるを得ないこともあることをご理解下さい。

最新記事

すべて表示

夏休みのお知らせ

8月16日(金曜日)から20日(火曜日)まで夏季休暇のため、休診とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解お願いいたします。

6月からの診療報酬改定のお知らせ

1,生活習慣病管理料Ⅱへの移行 2024年診療報酬改定における厚生労働省の指針に従い、主病名が高血圧、脂質異常症、糖尿病の方は、従来の「特定疾患療養管理料」から「生活習慣病管理料Ⅱ」へ移行致します。 療養計画書を発行しますが、初回のみ署名(サイン)をいただきます。 なお無診察処方は原則不可ですのでご了解下さい。 2,医療情報取得加算 当院ではマイナ保険証での本人確認が可能な体制となっておりますので

Comments


bottom of page